既卒就職ナビゲーター|おすすめ方法ガイド

*

面接の際の服装に気をつける

      2015/08/05

面接は服装が重要

 面接においては第一印象がとても重要です。そして、第一印象を決めることになる重要な要素が服装です。もちろん、基本的に就職活動ではスーツを着ることになるのですが、その着こなし方やどのようなスーツを選んでいるのか、さらに髪型などの身だしなみもチェックされます。

 全体として好印象を与えられるような服装を心がけましょう。見た目の印象が悪くなってしまうと、面接の際にたとえどのような良いアピールをしたとしても、相手に上手く届かないかもしれません。きちんとした服装を整えることは面接を突破するための基本といえるでしょう。

面接の服装の基本的なマナー

 面接では社会人としてふさわしい服装を心がけましょう。基本的にはリクルートスーツを着ていくのが無難でしょう。就活をする方のほとんどがリクルートスーツを着用しているからです。服装は目立つ必要はなく、むしろ当り障りのない無難なものを用意することが大切です。

 ダークスーツを着用します。ワイシャツは白の方が良いです。靴は黒か茶色の革靴を選びましょう。靴下は白色のものは駄目です。かばんもビジネス用のものを選びましょう。カジュアルな色やデザインのものを選ばないように気をつけてください。スーツやシャツなどにしわができていないかを確かめましょう。清潔感を出すことが大切です。

<関連記事>
面接こそ最大限にアピールする場所
逆質問でアピールする方法
疑うよりもやってみよう!上がり症を克服できるかもしれない方法たち

 - 面接でのポイント

  関連記事

no image
面接こそ最大限にアピールする場所

面接には必ず自己紹介がある  どのような企業の面接でも必ず自己紹介をする場面があ …

疑うよりもやってみよう!上がり症を克服できるかもしれない方法たち

お守りを身に付けてみてはいかが?  社会人になると、きっと学生の時とは比べ物にな …

安心して就職するために!面接時に確認しておきたいことまとめ

希望に沿ってもらえるか  既卒者でも、就職や就職先の企業に対する希望というものは …

逆質問でアピールする方法

逆質問にはNGの質問がある  面接では最後に質問を求められることがあります。これ …