既卒就職ナビゲーター|おすすめ方法ガイド

*

雇用契約書って何?

   

 雇用契約書とは、労働者とそれを雇う会社が交わす労働契約のことです。労働基準法で、労働条件や内容などを書面で明示しなくてはいけないと決まっているため、雇用契約書を交わすのが一般的です。お互いに業務内容やその他条件などを確認し、納得した上で契約を交わすことで、働くことになるのです。雇用契約書に記載する内容はも法律で決まっています。それは、労働時間が何時から何時まで、休日は、給与はといった部分は必須です。労働者にとって給与がわからないで働くのは不安ですよね。そのため、こうした内容を事前に雇用契約書にて明示するのが大切なのです。

①雇用契約書は取り交わすべき?
 雇用契約書は絶対に取り交わすべきです。これがないのは論外です。企業のなかには書面にて契約書を渡していないところもありますが、絶対に書面にて残しておくべきです。もし働いていて給与が話と違っていたり、勤務時間が違っているなどの労働条件と異なっていた場合には、トラブルとなってしまいます。これが仮に雇用契約書にてしっかりと記載されていた場合には、その書類を持って違うといった主張をすることができますが、ない場合にはその証明をすることができないのです。雇用契約書の書き方は、その業種によって異なりますが、取り交わさないのは働く上でありえないのです。

②雇用契約書を取り交わす際に注意しておきたいこととは?
 転職活動をしている人は、求人掲載された情報を参考にして企業に応募します。書類先行や面接などを通して無事に内定をもらった後には、入社して雇用契約書を交わします。この際にとても大事な注意点があるのですが、実際に雇用契約を交わす際に、面接や掲載されていた内容と異なることがあるのです。労働条件やその他色々なことが記載されていますが、その内容を確認して双方納得がいったらサインと捺印をします。それをお互いに1部ずつ持っておくのが一般的なのですが、特に内容の確認をせずにサインするのは危険です。もし後で内容が違っていることに気づいたとしても、既に雇用契約は交わされていますので、遅いのです。また、明らかに法律違反となるような条件が記載されている時には、しっかりと質問するなり指摘するなりしましょう。

 - 内定後の手続き

  関連記事

既卒の就職にも試用期間はある?

試用期間とは何か  既卒で就職が内定したあなたは、雇用契約を結ぶにあたり、採用担 …

入社の前に業界予習を済ませておく

業界予習は大切  内定が決まったならば、のんびりとした時間を過ごすのではなくて、 …

no image
内定は辞退できる?

 就職活動において、応募先の企業より内定をもらった後に辞退することは良くあること …

入社後に必要な手続き

入社するためには手続きが必要  もし既卒の方が就活をして、無事に内定が出たならば …

数年の遅れを取り戻すために!既卒者にとっての入社後の注意点

注意したいのは入社後3ヶ月の過ごし方  スタートダッシュは何においても重要です。 …

no image
内定から入社まで

①内定後の流れとは? 電話やメール、郵便などで内定したという通知を受け取ったら、 …

入社日までにしておくこと

内定が出た後の過ごし方  企業から内定が出てから、実際に入社するまでには数ヶ月の …