既卒就職ナビゲーター|おすすめ方法ガイド

*

数年の遅れを取り戻すために!既卒者にとっての入社後の注意点

   

注意したいのは入社後3ヶ月の過ごし方

 スタートダッシュは何においても重要です。社会人も、どれだけ良いスタートを切れるかで、今後の人生が大きく変わっていくものなのです。少しでも遅れれば取り残されてしまうでしょうし、スタートダッシュに成功すれば、既卒者であってもすぐに新卒の就職者に追いつくことができるでしょう。

 特に頑張りたいのは入社してからの3ヶ月間。ここでスタートダッシュの良し悪しや成否が決まってしまいます。「ゆっくりと仕事を覚えればいいや」、「後で取り戻せるだろう」などと自分に甘い考えを持つことはやめ、最初から全力でこの3ヶ月間を走り切るような働き方を目指さなければなりません。

他者との過剰な比較は避ける

 あなたが入社した会社には、もしかしたらあなたよりも一足先に入社した同い年の人がいるかもしれません。年下の先輩がいることも、既卒者であれば考えられるでしょう。そうした人たちを意識してしまうのはしょうがありませんが、しかしその人たちも含めあまり他者と自分を過剰に比較することは避けた方がいいと思います。

 比べてもしょうがありません。あなたはあなたなので、あなたなりのスタートダッシュや働き方を心がけるべき。それで社内から浮いてしまうのは回避したいですが、会社のルールやマナー、雰囲気を逸脱しない範囲であれば独自の働き方を目指すべきですし、その方が、自分の価値をしっかりと図ることができるはずです。

 他者と自分を比較し、既卒者であるコンプレックスを自ら増大してしまうことがないように気を付けてください。

“やりがい”を見つけましょう

 「やりがいを見つけましょう」と言われても、就職したばかりの人にはそんな余裕はないかもしれません。しかし、それをどれだけ早く、どれだけ多く見つけられるかで、あなた自身のクオリティも変わることになるでしょう。

 辛い中にもやりがいを見つけることはできるはずですし、忙しい中にも見つけられるはずです。そもそもやりがいは、決して楽しいことばかりとは限りません。辛い、忙しいということ自体が自分にとってプラスになると解釈できれば、その途端に“辛い”、“忙しい”がやりがいへと変化するものなのです。

 この意識を持ち、入社後は積極的にやりがいを発見すること。この注意点に意識を持っていくだけでも、入社後3ヶ月間の過ごし方が良い方向へと変わってくるはずです。

<関連記事>
入社後に必要な手続き
入社の前に業界予習を済ませておく
入社日までにしておくこと
既卒の就職にも試用期間はある?

 - 内定後の手続き

  関連記事

入社後に必要な手続き

入社するためには手続きが必要  もし既卒の方が就活をして、無事に内定が出たならば …

既卒の就職にも試用期間はある?

試用期間とは何か  既卒で就職が内定したあなたは、雇用契約を結ぶにあたり、採用担 …

入社の前に業界予習を済ませておく

業界予習は大切  内定が決まったならば、のんびりとした時間を過ごすのではなくて、 …

no image
雇用契約書って何?

 雇用契約書とは、労働者とそれを雇う会社が交わす労働契約のことです。労働基準法で …

入社日までにしておくこと

内定が出た後の過ごし方  企業から内定が出てから、実際に入社するまでには数ヶ月の …

no image
内定は辞退できる?

 就職活動において、応募先の企業より内定をもらった後に辞退することは良くあること …

no image
内定から入社まで

①内定後の流れとは? 電話やメール、郵便などで内定したという通知を受け取ったら、 …