既卒就職ナビゲーター|おすすめ方法ガイド

*

履歴書用紙の選び方と記入方法

   

①市販の履歴書用紙の選び方
 既卒者が就職活動を行う際は、履歴書用紙の選び方も重要です。
 履歴書用紙には、新卒用と転職用がありますので、必ず新卒用を選ぶようにしましょう。

 また、履歴書の書き方も大切なので、気を付けたいポイントをまとめておきます。
 まず、履歴書を書くときには、具体的な事例を多く書くのが大切です。
 「サークルでリーダーシップを発揮しました」という表現より、「自分が提案した練習メニューが功を奏して、戦績があがりました」という方が、何をしたが明確になります。
 履歴書用紙の自己PR文は、それほどスペースが大きくありません。
 そこに小さな文字でたくさんの文章を書き込もうと思っても、無理があります。
 すべてを自己PR欄に書ききる必要はないので、「ぜひ、面接でお話しさせてください」という一文を添えることで、採用担当者の興味をそそることができます。
 また、企業の採用担当者は、膨大な数の履歴書を読むことになるので、読みやすいように一文を短めにしてあげると、心証がよくなります。
 このように、履歴書の書き方を工夫することで、書類選考通過率がアップするはずです。
 まず、実践してみてください。

②履歴書は手書きとパソコンで記入するのはどちらが良いか
 履歴書は、あなたと企業が初めて出会う場所です。
 あなたのひととなりを少しでも理解してもらいたいと考えているなら、パソコンではなく、手書きで作成すべきでしょう。
 というのも、履歴書の書き方のマナーを理解していることも、社会人基礎力があるかどうかを見極める、大切な要素だからです。
 企業の採用担当者は、自分の勤務先に本気で入社したいと考えている新人を採用したいと考えています。
 中身は応募企業によってカスタマイズしたとしても、パソコンでプリントアウトされた履歴書から、熱意をくみ取ることはできません。
 下手でも誠意をもって、一生懸命に書く姿勢を見せることが、企業の採用担当者の目にとまる方法だと思います。
 ただし、前述しましたが、あくまでも書き方のマナーを守るのが基本です。
 誤字脱字がなく、一カ所でも間違った場合は、修正せずにすべてを書き直すのが原則です。
 応募写真も、リクルートスーツで清潔感があるように撮って貼るようにしましょう。

 - 履歴書の基本

  関連記事

no image
志望動機はポイントを押さえれば評価がアップする!

履歴書に記載する志望動機の書き方  基本的に既卒でも新卒でも、志望動機の書き方に …

af9920061390l
ブランクがある場合の記入方法&有利になるものは何でも使おう

①学歴などブランクがある際の記入の仕方とは?  学校を卒業してから就職するまでに …

no image
応募書類を送る際に気をつけるべきこと

応募書類を送る前にきちんと内容を確認する  基本的なことですが、応募書類を送る前 …

no image
履歴書での自己PRの方法

エピソードを含めて伝える  履歴書には必ず自己PRをするための項目が含まれていま …

af9930029234l
履歴書の常識と非常識

 既卒者はまだ就職経験がないため、いざ就職しようと思った時に社会とのギャップを思 …