既卒就職ナビゲーター|おすすめ方法ガイド

*

安心して就職するために!面接時に確認しておきたいことまとめ

   

希望に沿ってもらえるか

 既卒者でも、就職や就職先の企業に対する希望というものは持っているはずです。就職できるならどこでも構わないと思っているならスルーして結構ですが、もし希望があるのなら、面接時にそれに沿ってもらえるかの確認はしておきましょう。

 部署や職種、携わりたいプロジェクトなどを面接時に伝え、その希望を叶えてもらえるのか、あるいはその可能性がどれだけあるのかを聞いておけば、入社する意志を固めるかどうかの判断がしやすくなります。

 その企業の知識を深く持っていることもアピールできるので、これは一石二鳥の確認事項。
 もし可能性があるのなら、入社後すぐに叶えてもらえなくても、入社を決断する意味は出てくるのではないでしょうか。

企業の特徴やウリ

 企業の特徴やウリといったものは企業研究で知っておかなければなりません。しかし、それを知りながら、敢えて面接で聞いてみることも、是非試してみましょう。
 ただ、こちらが何も知らないと思われては損なので、自分が思うその企業の特徴やウリを説明してから、実際にはどうなのかを聞き、確認しましょう。

 この答え方には面接官の個性や企業の特性が出てきます。その企業の表面上の特徴やウリと、実際の特徴やウリは違う可能性もありますし、企業としての信念を感じることもできるでしょう。

 答えを聞いた上で納得できたのであれば、それは安心できる企業と言えるはず。
 その安心感を得るためにも、面接で確認しておきたいこととなります。

従業員の特徴

 従業員の特徴も聞いておきましょう。

 面接官や人事の担当者が、どれだけ従業員のことを把握しているのかがわかります。つまり、実際に働いている人にどれだけ興味を持っているのかが確認できるのです。
 従業員のことをしっかりと把握していれば、これも安心できる企業であることがうかがえます。

「こんな趣味を持っている人がいます、面白いですよね」などと、具体的な従業員の特徴を話せるような面接官であれば、少なくともその人は信用するに値する人物でしょう。
 面接時に確認し、より企業への興味が深くなるか、逆に浅くなるかを感じ、企業を見極める要素としてください。

 - 面接でのポイント

  関連記事

af9970014039l
面接の際の服装に気をつける

面接は服装が重要  面接においては第一印象がとても重要です。そして、第一印象を決 …

疑うよりもやってみよう!上がり症を克服できるかもしれない方法たち

お守りを身に付けてみてはいかが?  社会人になると、きっと学生の時とは比べ物にな …

逆質問でアピールする方法

逆質問にはNGの質問がある  面接では最後に質問を求められることがあります。これ …

no image
面接こそ最大限にアピールする場所

面接には必ず自己紹介がある  どのような企業の面接でも必ず自己紹介をする場面があ …