既卒就職ナビゲーター|おすすめ方法ガイド

*

内定は辞退できる?

   

 就職活動において、応募先の企業より内定をもらった後に辞退することは良くあることです。特に問題はありません。求人掲載されている内容と、実際に応募して面接時に言われた業務内容や条件などが異なっているといったケースが少なくないのです。なかなか面接時に思っていたのと違うために辞退しますと言える人は少ないために、内定後に辞退する人が多いのです。企業は時間と手間をかけて採用活動を行っていますので、内定を辞退することは悪いようにも思えますが、仕方のないことと割り切って構いません。また、実際に入社してから思っていたのと違っていることに気づいて、そこでやる気がなくなったりして退職するよりは、事前に気がついて内定を辞退できた方が良いのです。とはいえ、求人票などは簡略化して記載されているケースが多いのも事実のため、想像していた状況とは違っていたなんてことが多くあるのです。よって、面接時には自分から詳細について質問することが大切です。

《内定を辞退する時に注意すべきこととは?》
 就職活動では複数に応募するのは当たり前となっており、内定後に辞退することも多いです。辞退すること自体は悪くありませんが、注意すべきことがあります。まず内定を頂いた企業に対してできるだけ早く辞退の意思を伝えることが大切です。もし仮に内定者が定員に達していた場合には、辞退したことで新たに内定者を出さなくてはなりませんので、すぐに伝えましょう。また、辞退の報告は必ず電話で行いましょう。最近ではメールなどで意思を伝える人も多いですが、内定辞退はとても大事なことですので、電話で伝えることが基本です。もしくは直接出向いての報告でも構いません。さらに伝えるときには、謝罪の言葉を必ず添えましょう。内定を出した企業はあなたが入社するつもりで動いていますので、時間をかけてもらったことに対して謝罪しましょう。また、辞退の伝え方は簡潔に伝えれば大丈夫です。企業も多くの採用活動を行っていますので、変に回りくどい言い方をするよりは、簡単に伝えてください。とはいえ、企業によっては内定辞退は困るということで、内定辞退を断る企業もあります。そういったことを言われた場合には困ってしまいますが、辞退の意思を最後までしっかりと伝えるようにしましょう。

 - 内定後の手続き

  関連記事

入社日までにしておくこと

内定が出た後の過ごし方  企業から内定が出てから、実際に入社するまでには数ヶ月の …

no image
内定から入社まで

①内定後の流れとは? 電話やメール、郵便などで内定したという通知を受け取ったら、 …

数年の遅れを取り戻すために!既卒者にとっての入社後の注意点

注意したいのは入社後3ヶ月の過ごし方  スタートダッシュは何においても重要です。 …

no image
雇用契約書って何?

 雇用契約書とは、労働者とそれを雇う会社が交わす労働契約のことです。労働基準法で …

既卒の就職にも試用期間はある?

試用期間とは何か  既卒で就職が内定したあなたは、雇用契約を結ぶにあたり、採用担 …

入社の前に業界予習を済ませておく

業界予習は大切  内定が決まったならば、のんびりとした時間を過ごすのではなくて、 …

入社後に必要な手続き

入社するためには手続きが必要  もし既卒の方が就活をして、無事に内定が出たならば …