既卒就職ナビゲーター|おすすめ方法ガイド

*

内定から入社まで

   

①内定後の流れとは?

電話やメール、郵便などで内定したという通知を受け取ったら、なるべく早めに入社するかどうか?を決めて採用担当に返事をしなければいけません。他の会社も受けていて、そちらの結果を待ちたいという場合は、「家族とよくよく相談してから決めたいので、2~3日待ってください」と採用担当に電話でお願いをします。この時に、「他の会社も受けているので」といったことを話すのはタブーです。
内定通知がきて入社に対する承諾書を出してから内定が正式に決定したということになります。そして書面で雇用契約を交わして採用になります。
内定を辞退する場合は、どれだけ遅くても一週間以内に採用担当に電話をして、その旨をしっかり伝えましょう。

②内定してから入社までにすべきこととは?

会社にもよりますが「内定承諾書」の提出を求められるケースも。特に面接で「給与額」について具体的に数字が確定していない人の場合は、この時が交渉の最終タイミングだと言われます。

それから雇用契約を結ぶ必要があります。求人広告や面接の時に言われた条件と、実際の条件が異なっていないかどうか?書面にてしっかり確認しましょう。雇用形態や、就業場所、給与、勤務時間、休日については書面で明示することが法に定められています。
それから雇用保険被保険者証や年金手帳、源泉徴収票(退職年に再就職した場合)といった必要書類もあわせて提出します。雇用保険番号ですが、個人で統一したほうがいいので、以前に働いていた会社で雇用保険番号があった場合は、忘れないで会社に伝えるようにしましょう。
試用期間のある雇用の場合は、その期間の条件に関しても確認が必要です。
そして転職先の会社の入社日を決めます。失業中の人であれば入社日は内定先の企業の希望に沿うことになります。前職を辞めていない場合は、「円満退社」を優先しますから、上司と相談をして退職日を決めます。そしていつから出社が可能か?新しい会社の採用担当に連絡しましょう。内定から入社まで期間がある場合は、入社の意志が堅いことを会社側にアピールしましょう。
就業規則にも目を通し、準備を万全にしておきましょう。
入社日に遅刻は厳禁ですが、あまり早く到着するのも考えものです。時間に正確であることを心がけましょう。

 - 内定後の手続き

  関連記事

入社日までにしておくこと

内定が出た後の過ごし方  企業から内定が出てから、実際に入社するまでには数ヶ月の …

入社後に必要な手続き

入社するためには手続きが必要  もし既卒の方が就活をして、無事に内定が出たならば …

no image
内定は辞退できる?

 就職活動において、応募先の企業より内定をもらった後に辞退することは良くあること …

no image
雇用契約書って何?

 雇用契約書とは、労働者とそれを雇う会社が交わす労働契約のことです。労働基準法で …

入社の前に業界予習を済ませておく

業界予習は大切  内定が決まったならば、のんびりとした時間を過ごすのではなくて、 …

数年の遅れを取り戻すために!既卒者にとっての入社後の注意点

注意したいのは入社後3ヶ月の過ごし方  スタートダッシュは何においても重要です。 …

既卒の就職にも試用期間はある?

試用期間とは何か  既卒で就職が内定したあなたは、雇用契約を結ぶにあたり、採用担 …