既卒就職ナビゲーター|おすすめ方法ガイド

*

既卒が実践したい就職活動法

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
  • 90%の既卒転職者が利用する定番転職サイト
  • 求人情報数は業界No.1!
  • 転職に役立つ会員限定機能が満載で登録も利用も完全無料
  • 無料会員登録公式サイトへ

    利用者の声
    良かった
    私は既卒者でしたが、ネット媒体を中心として就活を行い正社員になりました。最終的にお世話になったのがリクナビNEXTです。敢えてではなく、結果的にここでした。希望職種に強かったこと、未経験でも受け入れてくれる企業があったこと、サイトの信頼性が高かったことなどが大きな理由となりました。
    良かった
    リクナビNEXTは転職サイトですが、就職経験皆無の私でも就職することができましたよ。多分、結構いるんじゃないかな、同じような立場の人。求人を検索してみると、年齢も業界経験も実務経験も問わないとしている会社も数多ヒットします。しかも他のサイトよりも多くヒットします。有り難かったです、本当に。
    良かった
    私がリクナビNEXTをオススメする理由は、就職に関する情報もここには詰まっているから。転職ノウハウも就職ノウハウとして応用できるし、今まで運悪く出会えなかった職種にも出会えたりするんですよ。既卒であっても使ってみるべきじゃないかな。転職者だけに限定するのは勿体ないサイトです。
    普通
    予想はある程度していたが、さすがに初めての就活にはリクナビNEXTは活用しきれないようだ。登録も応募も可能だが、私は全敗。書類審査にすら通らない企業も多々あって、これはきっと社会人経験がないからだと個人的には感じている次第。学歴だけでは不十分、それがリクナビNEXTなのだろう。
    普通
    リクナビNEXTが既卒者には不利な理由は、きっとスカウト機能のせい。これは完全に転職希望者のものですから。それでも求人を探したりすることに利用はできるけど、正社員としての経験がないと厳しいのに変わりはなさそうですね。ただ、転職の際には利用したいと強く感じるサービスです。


    1.反省を踏まえて発想を転換しよう!

     あなたは、新卒で就職という選択をしなかったために、既卒での就活を余儀なくされています。厚生労働省は、大学卒業後に正社員になれない若者が増加していることを受け、卒業後3年以内の既卒者を新卒採用枠で応募受付するように通達し、通年採用を導入する企業も増えています。

     同時に、転職サイトで求人を探すという選択肢もあります。新卒での反省を踏まえ、発想を転換すれば、選択肢が増えるという前向きな気持ちで、就職活動に臨みましょう。

    2.活用してほしい、行政の支援

     厚生労働省や地方自治体が中心となり、若者を対象にした就労支援が数多く用意されています。求職サイトだけでなく、こうした機会を活用するのもおすすめです。

    ★ここがポイント!
    ・既卒者も活用できる「新卒応援ハローワーク」による支援
    ・求職者と中小・中堅企業のマッチング
    ・ジョブサポーターやキャリアカウンセラーの連携による支援
    ・中堅・中小企業中心の就職面接会の開催
    ・中小企業での実習プログラムに沿った職場実習

     こうした取り組みが功を奏し、既卒者の就職実績も上昇しています。行政が行う若者就職支援は、基本的に無料で活用できますので、情報収集や自分のスキルアップの場として、ぜひ活用していきましょう。

    3.職場実習に参加してみよう

     既卒者は、新卒者のように就職活動期間に制限がかけられていません。その強みを活かして、積極的に職場実習に参加しましょう。学生向けの就業体験プログラムである職場実習は、自分が興味をもっている業界や職種で実際にどんな仕事をしているのかを知るのに、一番手っ取り早い方法です。

     実体験することで、自分がその仕事や職場で長く働き続けられるかどうかを、見極める基準にもなります。働く姿勢が評価されて、そのまま内定するケースもあるので、可能な限り参加することをおすすめします。

    既卒の就職活動は胸をはって行おう!

     企業から若者を対象にした求人が数多く寄せられるのは、新卒の3年以内の離職率が、年々アップしていることと無関係ではありません。この中には、自己分析や企業研究の甘さに起因するものも多く含まれることでしょう。

     そうした事態を避けるためにも、既卒であることを恥じず、自分に合った就職先を見つけるという気概で、活動に臨んでほしいのです。真摯に就職活動を行えば、必ず希望の就職先が見つかります。前向きにがんばっていきましょう!

    公開日:
    最終更新日:2015/02/03